インプラントとは

インプラントとは

きばやし歯科医院 インプラント

インプラントとは 失ってしまった歯の場所(顎の骨)に埋める人工歯根です。
その人工歯根の上に支台(アバットメント)を付け、最後に被せ物(人工歯)を付けることで歯の機能を回復させる有効な歯科治療法です。
歯周病や虫歯、外傷などで自身の歯を失った方に適した治療法です。

入れ歯やブリッジと比べ、審美性に優れており 見た目が良いことと、何より違和感なく噛むことができる機能性、耐久性が長所として挙げられます。

インプラント(人工歯根)を骨に埋め込む治療ですので、麻酔をして口腔外科的手術を行います。怖いと感じられる方もいらっしゃると思いますが、インプラント手術は、長年の歯科医学的根拠のもと実績を積み重ねてきた治療法で、近年の診査環境設備の進歩により、限りなくリスクのない口腔外科手術が可能となります。その為、手術を行う歯科医師の技術と経験、知識が重要になり、歯科衛生士などを含めたチーム医療として連携も重要となってきます。

“第二の永久歯” と言われるインプラント

きばやし歯科医院 インプラント

インプラントは、見た目(審美性)や噛む力(機能性)が天然歯に近いことと、耐久年数(耐久性)が長いことから、“第二の永久歯”と言われています。

インプラント(人工歯根)の上には人工歯冠を被せますが、人工歯冠の色、質、形は本物の歯に見えるように繊細に作られていますので、人に見られても天然歯と見分けがつきません。そのため、笑うとき、歯が見えることへのコンプレックスを感じることなく過ごせるでしょう。

また、自分の歯と同じような力で噛むことができます。入れ歯のような違和感もなく、周囲の歯への負担もありません。耐久性にも優れており、天然の歯のような使い心地が可能となるでしょう。

インプラントはこのような悩みをお持ちの方におすすめです

①天然の歯を削りたくない方

入れ歯やブリッジの場合、天然の歯を削るなど、残っている歯に負担をかけることになります。歯を失ったうえに、さらに残っている歯を削るのは、抵抗がある人も多いのではないでしょうか。
しかし、インプラントは歯を失った場所にのみ治療を施すので、残っている天然歯には負担をかけずに済みます。

②ブリッジが対応できない方

ブリッジは、歯を失った両隣の歯に引っ掛けて歯を付ける治療法ですので、失った歯が一番奥の場合、ブリッジでは対応できません。
インプラントであれば、歯を失った場所に埋め込むことで歯を作るため、一番奥の歯であっても施術が可能です。奥歯は特に力の入りやすい場所なので、骨に大きな問題が無ければインプラントがお勧めです。

③入れ歯の方

入れ歯は どうしても違和感を覚える方が多いです。
ピッタリ合う入れ歯を作っても、使ううちに合わなくなれば、その都度調整をしなければいけませんし、食事の時、噛み心地や食べ物が隙間に入ってくる不快感もあります。
しっかり歯で噛んで食べるためにも、また違和感でストレスにならないためにも、インプラントがお勧めです。

歯を抜けたままにしておくことのデメリット

きばやし歯科医院 インプラント

歯を抜けたままにしておくと、抜けた場所の骨はだんだんと痩せていき、歯肉が下がります。
さらには、両隣の歯が傾く、噛み合う反対の歯が伸びて出てくるなどのトラブルが発生することもあります。
すると、歯並びが崩れていき、噛み合わせにも問題が生じるため、顎や全身への不調を招く恐れがあります。

インプラント治療のメリットとデメリット

近年、インプラント治療を選択する方がとても増えていますが、メリットがある一方で、デメリットもあります。
インプラント治療を検討する際は、メリットとデメリットを知っておくことが重要です。

[メリット]

インプラント治療の最大のメリットは、優れた機能性・審美性・耐久性です。
やはり見た目が天然の歯と変わらないのは魅力ですし、耐久性も良く、歯を失う前と同じように噛むことができるので食事も楽しめます。きちんとアフターケアを受けることで、長く使うことも可能となります。
さらには、人の身体や骨と親和性の高いチタン製のため、金属アレルギーの方でも適合しやすいでしょう。

[デメリット・リスク]

健康保険が適用されないため自費診療となり、治療費が高額になることや、インプラントと骨をくっ付ける治癒期間などを要するため、他の治療法に比べ長期間になることが挙げられます。

インプラントは、どなたでも、どんな口腔状態であっても、すぐに治療を開始できるという訳ではありません。歯周病などでインプラント(人工歯根)が耐えられない口腔状況にある場合や、土台となる骨の状態によっては、まず、口腔状態を良くする治療から始めなければなりません。
そうなると、治療期間が長くなりますし、骨の状態によってはインプラントが安定するまで期間を要する場合もあります。
しかし、自分の歯で噛めるようになることは、何ものにも代えがたい価値があることや、入れ歯やブリッジと比べて長期間の使用が可能であることから、インプラントを選択する方が増えています。

インプラント・入れ歯・ブリッジの比較

天然歯を失った場合、従来は入れ歯やブリッジが選択されていましたが、これらの治療法では、どうしても天然歯を削る必要があり、さらに噛む力が加わることにより、天然歯への負担も避けられません。
近年、インプラント治療が増えてきたことにより、失った歯の治療の幅が広がりました。
歯は失ったままにしていると、残った歯が傾くなど色々な問題が生じ、顔貌まで変わってしまうこともあります。
歯が抜けた場合は放置せずに、自分に合った治療法を選択し、治療を受けましょう。

[入れ歯』

きばやし歯科医院 インプラント

入れ歯は取り外しができる装置で、全ての歯を失った場合は総入れ歯、1本でも歯が残っていれば 部分入れ歯が適用されます。
入れ歯の素材は、主にプラスチックで、歯茎の状態が変化すれば、その都度調整が必要です。
部分入れ歯では、残っている歯にクラスプという金属バネを引っ掛けて固定するため、引っ掛ける歯には負担がかかります。
入れ歯は保険診療、自費診療と両方ありますが、保険診療での入れ歯は素材などが決まっており、自費診療は選べる素材の選択肢も増えます。

噛みやすさ
違和感も起こりがちで噛む力は天然歯の半分と言われる
審美性
審美性:金属のバネが目立つなど劣る
他の歯への負担
他の歯への負担:バネをかける歯に負担がかかる
治療期間
比較的簡単な治療で短め
治療費用
治療費用:保険適用の範囲だと安く抑えられる
寿命
口内状況により都度調整が必要で短め
入れ歯を作り替えるまで平均3年と言われる

入れ歯自体が壊れるという不具合もあるのですが、それよりも入れ歯のバネをかけている天然歯が悪くなったり、あごの骨がやせてしまって入れ歯が合わなくなることがデメリットです。
また、部分入れ歯のバネをかけた歯の虫歯発生率は5年間で95%と言われています。
さらに、バネによって揺さぶられた歯は歯周病が進行しやすくなります。
総入れ歯を使うことであごの骨が痩せるスピードは1年毎に0.5mmと言われています。

[ブリッジ]

きばやし歯科医院 インプラント

ブリッジは、その名の通り「架け橋」のように抜けた歯の両隣の歯を土台として、間に歯を付ける装置です。
入れ歯のように取り外しはできず、強固に接着するため固定感はありますが、土台となる両隣の歯は削ることになるため負担がかかります。
入れ歯よりも見た目が良く、安定感があるため噛み心地も良いので、違和感なく食事をすることが可能です。
ブリッジも保険診療の範囲内で治療できる場合と自費診療があります。
保険診療の場合は使用する材質が限られてきます。

噛みやすさ
口内の状態によるが天然歯と同じように噛める
審美性
自由診療で素材を選べば見た目がきれいに見える
他の歯への負担
隣接する健康な歯を削る必要があり負担が大きい
治療期間
入れ歯ほどではないが短め
インプラントほど長期に及ばない
治療費用
保険適用の範囲だと比較的安く抑えられる
寿命
アフターケアを定期的に行えば平均7年と言われる
ただ削る歯の寿命は短くなる

掃除がしにくく、歯垢がたまりやすい構造なので、虫歯になったり歯周病が進行しやすくなるリスクがあります。適切な設計がされていなかったり、日々の手入れを怠ると、あなたが考えている以上に短い期間でダメになります。

[インプラント]

きばやし歯科医院 インプラント

チタン製の人工歯根を、歯槽骨に埋め込み、人工歯根に人工歯冠を被せる治療法です。 麻酔をして骨に人工歯根を埋め込む外科的手術を行うため、持病の有無、歯周病や歯槽骨の状態を事前に検査することが必要です。 また、1ミリでも場所がずれると、後から問題が生じることもあるので、歯科医師の技術や手術設備の環境が必要となってきます。 高血圧や糖尿病などの全身疾患をお持ちの方は、インプラントの手術が出来ない場合がありますので、事前にご相談ください。

噛みやすさ
天然歯と同じように噛める
審美性
天然歯と同じように見える
他の歯への負担
:他の歯を削る必要がなく負担が少ない
治療期間
手術を要し通院回数も多くなり長め
治療費用
保険適用外のため治療費用は高くなる(医療費控除の対象にはなる)
寿命
アフターケアを定期的に行えば長く使用可能

歯を失ってしまった後の治療方法は、この3つが主ですが、大事なのは歯を1本でも多く残し、維持することです。
日常当たり前のように行われているブリッジや入れ歯の治療が、気をつけないとかえって残っている歯を傷つけることになっているのです。
ブリッジや入れ歯により失った歯を補う治療によって、更に歯を失って次から次へと加速度的に歯が悪くなるという、悲しい現実があります。
もし、ブリッジや入れ歯による治療を受けられる場合は、そのリスクを認識したうえで、より日々の歯磨きに力を入れて、定期的に歯科医院で検診とクリーニングを受けるようにしてください。
こういった悪いサイクルを断ち切ることが出来るのがインプラント治療です。
隣の歯に負担をかけることなく、固定式で自分の歯と同じように咬むことができる優れた治療法です。

どの治療法が良いのか、ご自身の希望を伝え、歯科医師と十分に相談し、最も適した治療法を選びましょう。

[きばやし歯科医院(京都府長岡京市)のインプラント治療に関する内容はこちら→]
[インプラントの料金・保証について→]

インプラント
審美歯科
ご予約は075-954-9600
きばやし歯科医院 長岡京市役所横

JR長岡京駅より 徒歩7分
阪急長岡天神駅より 徒歩4分
GoogleMap

水曜日、日曜日休診
topへ戻る